北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

北朝鮮旅行記まとめと索引

出発ロビー売店


4日目の朝、6時過ぎにホテルを出て空港に向かいました。
預けていた携帯を無事取り戻し、
取り上げられる予定のビザの写真を撮って、出国審査に向かいました。

帰りの機内でスチュワーデスの写真を撮ろうとしたら、機内撮影禁止と断られました。
代わりに、平壌空港出発ロビーの売店にいた美女の写真で北朝鮮旅行記を締めくくります。

こちらは今までの記事の索引です。

1. 平壌への道 その1
2. 平壌への道 その2
3. 国境越しの悲しい恋物語
4. 平壌への道 その3
5. 平壌への道 その4
6. チョソン上陸
7. 主体思想塔から日帝の架けた橋を見る
8. アリラン祭
9. 高麗ホテル
10.平壌2日目の朝-板門店へ出発
11.国家分断
12.古都開城(ケソン)
13.北朝鮮名物料理-開城の飯床器
14.平壌のエンターテインメント
15.平壌市内散策-万景台
16.地下鉄乗車
17.偉大な金日成主席
18.北朝鮮の名物料理-平壌冷麺
19.平壌牡丹峰第一中学
20.アヒルの焼肉-北朝鮮最後の夜



今回の旅行での感想をまとめてみました。

北朝鮮も変わっている
以前は植民地時代の日本の痕跡を全面的に消そうとしていたのが、今回は大同橋を含め、日帝時代の遺物の存在を何の問題もなく紹介してくれました。

思ったより自由
写真などほとんど撮れないと思っていましたが、基本的にどこでも撮影可。言葉さえできれば、その辺を歩いている人と自由に会話ができそうです。

制限されているところも別に隠さねばならないようなところでない
地下鉄の乗車でそのことを強く感じました。ダオさんのブログで紹介されている通り、通常は連れて行ってくれない街の飲み屋も、至って普通のようです。

そこに住んでいる個人個人は、同じ人間
留学中であった仲間からもそのことは感じていましたが、今回一緒にカラオケを歌った高さん、オリコギ専門食堂のハンさんなどとの交流で、その思いを一層強くしました。


近いうちに是非もう一度行ってみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/08(水) 17:56:43|
  2. 北朝鮮旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<天上龍肉、地下驢肉 | ホーム | アヒルの焼肉-北朝鮮最後の夜>>

コメント

エイジアンナビゲーターさん

北朝鮮旅行記のご愛読ありがとうございました。
あの国は、同じ行程をとっても人によって大きく感じ方が異なると思います。
機会があれば、他の方の旅行記もお読みください。
  1. 2006/02/12(日) 07:37:16 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

旅行記お疲れ様でした。
行ったことのない国を、わかりやすく、写真つきで解説してくださる山大22号さんのページは参考になりました。こちらのお国に興味のある知り合いにも、紹介したところ、『写真も多く、体験談も豊富で今後が楽しみ』という返事がきましたので、きっと、この総括も見ていることと思います。
  1. 2006/02/12(日) 00:24:26 |
  2. URL |
  3. エイジアンナビゲーター #-
  4. [ 編集]

qrzさん

いつもご愛読ありがとうございます。
qrzさんの北朝鮮旅行記総括、楽しみにしています。
  1. 2006/02/10(金) 07:44:44 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

お疲れ様です。
おいらも、そろそろ旅行関係の資料を山大22号さんのようにまとめないとorz
  1. 2006/02/09(木) 21:54:50 |
  2. URL |
  3. qrz #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/44-8c278ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。