北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう一つの孔子廟-浙江・衢州

西湖


最近は出張で北京を離れている時間が多いです。

特によく行くのが、浙江省の衢州市。
西湖(上の写真)の美しい省都・杭州から車で2時間半。
浙江省の北西部にあり、安徽省、江西省、福建省との境です。

衢州の人々が最も誇りにしているのは、この地にある「本家」孔子廟です。
孔子廟といえば、孔子の故郷、山東省の曲阜が有名ですが、
こんなところに「本家」があるなんて、聞いたこともありませんでした。


実はこういうことです。
宋の時代、北方の女真族が攻めて来て中国北部を占領、金の国を建てました。
宋の王朝(北宋)は首都卞京(今の開封)を逃れて臨安(今の杭州)に都を移しました(南宋)。
私が歴史の授業で習ったのはここまでです。
(一応、私の専攻は中国史、しかも卒論のテーマは宋の時代だったのですが・・・)

北宋の王朝が南に逃れる時、曲阜の孔子廟を守っていた孔子の子孫のうち、長男が一緒に南に移り、次男が曲阜に残りました。
南宋に落ち着いた王朝は、孔子の子孫にも安住の地を与えるべく、近くの衢州に孔子廟を建てることを命じたのです。

孔子の直系が衢州に居を構えて5~6代後、
北方の金王朝、南方の南宋は相次いで元に滅ぼされました。
モンゴル族の元王朝は、中国統治政策の必要性から孔子廟の保護を決め、
衢州にいた孔子の直系の子孫に曲阜に戻るよう求めました。
しかし、既に数代にわたって衢州に住んだ直系は、爵位を曲阜の傍系に譲り、
自分は衢州に住みつづけたのでした。

75代

この方が、孔子の75代目の子孫、孔祥凱さんです。

衢州には、孔子の直系の子孫が住んでいた孔府と、
子孫が孔家の祖先を祀る孔廟があります。
通常の孔子廟には、孔子とその弟子の像が祀られています。
ここは一族の廟なので、孔子とその息子と孫の像がありました。

孔府の裏庭にはくじゃくが放し飼いにされています。
ん?くじゃく?
漢字で書くと、「孔雀」。
こちらも孔子の一族なんでしょうか?

●○●○●○●○●○●○●○●○

もう一つ衢州の誇りがあります。
この街にある爛柯山は囲碁の発祥地と言われているのです。

石碑

昔、薪を拾いに来た村人が、山の中の洞窟で囲碁を指している子供を見つけました。
子供が食べていた棗をもらいながら、1局終わるまで見ていたそうです。
対局を見終わった村人がその場を離れると、手に持っていた鎌の柄の部分がボロボロになっていました。
また、村に帰ってみると、知人が一人もいなくなっていました。
実は、囲碁を指していたのは仙人の子供で、仙人の1日は普通の人の1,000年にあたるのだそうです。
村人は、仙人の世界に入り込んでいたため、その世界から出たとたん1,000年の時間が経過し、
木でできていた鎌の柄が腐ってしまったのです。

まるで浦島太郎みたいな物語。
でも、皆さん疑問がありますよね。
鎌の柄には一挙に1,000年の時間が押し寄せて腐ってしまうのに、
村人はなぜ死んでしまわなかったのでしょうか?

仙童

私もガイドさんにこの質問をしてみました。
すると、村人は仙人の棗を食べていたので仙人時間で過ごせたのだそうです。

この物語のため、この山は(「腐る」「ただれる」の意味) (「柄」の意味)と呼ばれています。
子供の指した囲碁はすばらしい内容だったので、村人は帰ってからその棋譜を書き写しておきました。
それが「爛柯の棋譜」として後世に伝わり、この地は囲碁の発祥地とされるようになりました。

子供が囲碁を指していた場所は自然にできた空洞になっています。
空洞部の地面には、「爛柯の棋譜」の途中図が残されていました。
衢州は囲碁の発祥地とされているため、ここでは何回か中国の棋戦が行われ、
当時の名人達がこの途中図から引き続いて指し、第2、第3の「爛柯の棋譜」を残したそうです。

棋譜

ところが、我々が見に行った時、碁石がところどころ変なところに置かれています。
通常は、碁盤の線と線が交差したところに石をおきますが、枡の真中に置かれていたりします。
お粗末なことに、碁石が固定されていないために誰かが動かしてしまったそうで、
現在置かれている石は、「爛柯の棋譜」から外れているとのこと。

衢州名物料理に「三頭」というのがあります。
「魚頭」、「鴨(アヒル)頭」そして「兎頭」です。
味付けはどれも辛く、見かけも結構グロテスクですが、よく煮込んであって味はなかなかです。

兎頭

特に写真の兎頭。
頭蓋骨を手で開き、現れた脳みそをペロリ。

中国では、自分の内臓で悪い部分を食べると良いと言います。
心臓が悪い人はハツを、肝臓が悪い人はレバーを食べると効くそうです。
頭の悪い私は兎の脳みそを食べたのですが・・・。

市長

こんなすばらしい衢州に皆さん是非お越しください。
市長さんに代わってお願いします。

スポンサーサイト
  1. 2006/03/22(水) 13:31:21|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<見直したぞ!上海 | ホーム | 恭王府>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/01/18(火) 22:07:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

Y.S.さん
ご覧いただきありがとうございます。
おっしゃる通り、勝手に写真を使わせていただきました。
問題あれば削除いたしますので、おっしゃってください。
  1. 2008/07/07(月) 23:46:32 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

元気ですか?

これは、もしかして私の写真ですか? S久 
  1. 2008/07/07(月) 16:21:35 |
  2. URL |
  3. Y.S #-
  4. [ 編集]

頭良くなったかな?

きむさん

ほっぺたの肉はおいしいですよ。
でも、頭がドンと出てくるので、知らずに食べちゃったって訳には行きませんからね。
  1. 2006/03/23(木) 17:13:19 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

すごいですけど。。。

ウサギは食べたことあります。脳みそじゃなくて普通のお肉ですけど。なかなかおいしいですよね。
でも脳みそは。。。
ちょっと無理かもしれません。一応デリケートなので。。。
  1. 2006/03/23(木) 11:44:21 |
  2. URL |
  3. きむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/48-4e6ca040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。