北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恭王府

恭王府池


朝起きたら昨晩の酒が残ってます。
でも、今日の北京は絶好のお散歩日和。

去年改修中で入れなかった恭王府に行くことにしました。

乾隆帝の寵臣で、あまりの権勢のため乾隆帝の死後難癖をつけられて死罪となった和珅(Heshen、日本語読みは「わしん」)の邸宅です。
その後、道光帝の第六子、恭親王奕訢(Yixin、日本語読みは「えききん」)に与えられたので恭王府と呼ばれています。


1927年奕訢の孫が邸宅を教会に寄進、1937年には更に輔仁大学に売却されました。
その後中国音楽学院の手に渡り、音楽学院が手放して改修が始められたのは2002年だそうです。
開放されているのは邸宅の裏の庭園部分のみ。
邸宅の正門である南門は、中国音楽学院付属中の奥に覗けるだけです。

恭王府正門

入口は庭園の西側、柳陰街に面したところにあります。

恭王府入口

20元(約300円)の入場料は高いな、と思っていたら、「電子門票」なるものを渡されました。
女子十二楽坊のような女性楽団のディスクです。
そんなもんいらないから、入場料を下げろ!

庭園の入口には、西洋風の門がありました。
名前も「西洋門」です。

恭王府西洋門

これは有名な流杯亭です。

恭王府流杯亭

どこかのツアーに混ざってガイドの説明を聞いたところ、
四角い杯に酒を満たして水に流し、杯が停まった所の人が詩を詠む、詠めなければ罰杯を3杯飲むという、
いわゆる「流水の宴」が行われたそうです。
(何人も人が並べるほど広くないような・・・)

恭王府流杯亭寿字

この水路は、写真の右側から見ると「水」の字、
上側から見ると「寿」の字に読めるとの説明でした。
うん、確かに読めます。

それにしても、中国の団体客の多いこと多いこと。
見所では、一つの団体が見終わるとすぐ次の団体が良い位置を占領するので、
私のような個人客はなかなか近づけません。

恭王府假山行列

「広東のお客さんこちらへどうぞ」
「杭州の皆さんはこっちですよ」
「福建の方、早く集まってください」
ガイドさんのマイクの声が響きます。

いかにも田舎のおじさん、おばさんという人もたくさんいます。
中には言う事を聞かない人もいますね。

岩登りおじさん

そこのステテコ出して足を掻いているおじさん、
「登ってはいけません」って書いてありますよ!

ここは、京劇などが演じられていた戯楼です。
窓には布がかかっていて、中が見えません。
中からはなにやら出し物をしている音がします。
団体の間隙をついて中に入ろうとしました。

恭王府戯楼

ところが、入口に「団体入場券入口」と書いてあります。
「普通の入場券はどこから入るんですか?」
係りの人に聞いてみたら、20元の券では入れないそうです。
入りたければ、60元(約900円)のガイド付きの入場券が必要だそうです。

観光客と塗絵

ここでは、常にツアーの団体が建物の前に陣取っており近寄れません。
でも、この柱の色は何でしょう。
近くで撮るとこうです。

塗絵

これはないですよね。

まだ未開放の邸宅部分は現在改装工事中。
センスのいい改修をして欲しいですね。

さて、今日のお散歩はおしまい、明日からまた1週間の出張です。
荷物まとめなきゃ。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/18(土) 22:51:22|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もう一つの孔子廟-浙江・衢州 | ホーム | 2つの「爆肚馮」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/49-3af2e33c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。