北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

撮影禁止の胡同

富強胡同6号

今日は北京マラソンです。
私の友人"テツ"君が走ります。
コースは天安門から長安街を東に向かい・・・とのこと。
私は応援するため、マンションから近い北京飯店前に8:30から陣取ってました。
でも、9時を過ぎたのに、交通規制をする気配もなし。
9:15になって、通りかかったおまわりさんに聞きました。
私「マラソンは何時に始まるんですか?」
警「えっ?マラソンはもう行っちゃったよ?」

後で調べたら、コースは長安街を「西」に向かっているではないですか。


まあ、折角外出したのだからちょっと散歩をしてみました。
王府井通りの歩行者天国を北上。
外文書店の前あたりに、地名の由来になった井戸の蓋があります。
私が1983年に北京に滞在していた時には、こんな物はなかった気がしますが・・・。まあいいや。
王府井


歩行者天国が終わっても更に北に進み、世都百貨店の角を左折して灯市口西街に入ります。
目指したのは富強胡同です。
1本西側の豊富胡同には作家老舎の故居があり、時には観光客も訪れるであろう地域です。
富強胡同6号の門の脇には「北京市文物保護単位四合院」のプレートが掲げてあります。
門の両脇には立派なエンジュの木、門構えからも清代のそれなりの役人の家だったことがわかります。

ちょっと脇から上の写真を撮り、門の正面でカメラを構えていたら、
自転車でやって来た屈強な若者が、「写真撮影禁止だっ」と言いながら呼び鈴を押しています。
どうしてですか?と尋ねましたが返事はなし。
中から門を開けた人に、「写真を撮っているぞ。」と報告して中に入っていきました。
代わりに外に出てきた別の屈強な若者が、「ここは写真撮影禁止だっ!」と再度宣言。
臆病な私は、そうですか、と引き返しました。
しばらく歩いて振り返ると、まだ門の前に立って私を見ています。

実は、この家は、天安門事件で失脚した趙紫陽元総書記が軟禁されていた場所なのです。
本人は今年初になくなりましたが、ご家族はまだここに住んでいるそうです。

このことは、日本で出版されている本に写真入りで紹介されていますので、いまさら私の撮影を禁止しても仕方ないと思うのですがね。
以前には、自分も入って記念撮影したこともあるし・・・。

興味と勇気のある人は、行ってみてください。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/16(日) 12:48:53|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<平壌への道 その2 | ホーム | 平壌への道 その1>>

コメント

みんみんさん:みんみんさんに睨まれたであろう私の友達"テツ"君(20)は、20kmクラスを完走、その後サッカーの試合に90分間フル出場でした。若いってすばらしい。
P.S.ちなみにスタートは8:00だったので、例え東に向かっていても、私は見られなかったようです。
  1. 2005/10/17(月) 08:39:32 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

朝、門の扉を開けたら(AM8:15)、
どどどどぉーっ!!!と走る群集。。。
これで、北京市内の交通も大渋滞。

危うく、仕事に遅刻するかと思いましたよぉ(汗)

現場まで、どのルートで行けばいいか・・・
マラソンの群集を睨みつけていました。

  1. 2005/10/17(月) 00:15:33 |
  2. URL |
  3. みんみん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/5-3f701523
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。