北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上海のベニス(?) 朱家角

水路2

上海の南西の郊外、約50kmのところに明清の時代から続く水郷の町があります。
名前は朱家角。

周辺には蘇州、同里、周荘、烏鎮など水郷は多いのですが、一番近いのがこの朱家角、
浦東からは車で1時間位だそうです。

忙しい出張の合間をぬって、日本からのお客さんと一緒に朱家角に行って来ました。

(遊んでばかりでちっとも忙しそうじゃないって?いやあ、忙しいんです。)


時間があまりないので、贅沢にタクシーを奮発しました。
上海からはずっとがらがらの高速道路で、道をよく知らない運転手でもOK。
高速を下りてからはその辺の人に聞きながら、目指す水郷の近くとおぼしき場所まで着きました。

すると、ガイドの証明書を持った人が寄って来て、
水郷まで案内するので、入場券を含めて20元(約300円)をくれ、と言います。
普段なら追い返すのですが、この時は早くトイレに行きたかったのと、お腹が減ってたので、
20元を払ってまずトイレ、それから水郷に案内してもらいました。

公衆トイレの先の細い道を入っていくと、やがてこんな昔風の商店がならぶ風景となりました。
これは、案内の人がいなかったら探しにくかったですね。

朱家角街並み1

街の散策は後回しにして、案内の人にお薦めレストランに連れてってもらいました。
農家菜という、農民の家庭料理を食べさせる店だそうです。

やっぱり「とりあえずビール」でしょう。
驚いたことに、「朱家角ビール」などというビールがありました。

朱家角ビール

ラベルを見ると、作っているのは安徽省です。
アルコール度数2.8%、原麦汁濃度7.8%と、実にあっさりしたビールでした。

注文した料理はこちら。

菜莧と白糸魚


菜莧という野菜の炒め物と、白糸魚という淡水魚のスチーム。
私は共に初めて食べるものです。
店の人のお薦めに従ったのですが、これがうまい。
菜莧はほんのりした苦味が食欲をそそり、白糸魚は身が柔らかくてシャープな味です。
日本からのお客さんも大喜びでした。

お腹も一杯になったところで、通りを散策しました。

街並み2

上海で聞いたこの町の名物は、粽子、ちまきのことです。
通りのあちこちで、粽子と豚肉の角煮を作ってました。

粽子

粽子の中身は主に豚肉。栗が入っているのもありました。
お婆さんが棕櫚の葉でもち米と具をくるむと、歯で糸を押さえながら1個1個すさまじい速さで包んでていきます。
お土産に2つお買い上げ。

臭豆腐

こちらは臭豆腐。くさやみたいな匂いのする揚げ豆腐です。
臭豆腐はお隣浙江省の紹興が有名ですが、この店は紹興に本店があると言っていました。
1パック買ってみると、それほど臭みがなく、食べ易いお味でした。

淡水真珠

淡水真珠も売ってます。
近くの淀山湖ででも獲れるのでしょうか。

さて、この商店街の裏側には水路が走っています。

水路1

なかなか雰囲気のある水路です。
この水路はちょっと大きめの水路に合流しており、そこにかかっている5孔のめがね橋が放生橋。
上海からの高速道路上に見えた朱家角の案内板にはこの橋が描かれていました。

放生橋

他にも、お寺や庭園など見所があるようですが、
この日は、食事に時間を費やしすぎてしまい、もう帰る時刻となってしまいました。

元の道を引き返し、商店街が切れたところの家並みがこんな感じです。

古い通り

実は、昔風の商店街も面白いのですが、観光化されすぎているな、という印象を持っていました。
昔は、通りの全てが商店だったはずがないですからね。

民家

細い路地を入ってみるとちょっと広くなって、何軒かの家が集まっています。
窓から中を覗くと、おじさんが椅子に座ってテレビを見てるのがわかるようなこんな家並みに、より好感が持てました。

私も日本からのお客さんも、あまり期待せずに来たのですが、すごく楽しめました。

近代的な21世紀の上海、租界時代の洋館が残る20世紀の上海、そして清の時代から続く19世紀の上海。
上海にもいろいろな顔がありますね。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 23:11:38|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<胡同遊の物知り人力車夫 | ホーム | 上海の洋館>>

コメント

上海見!

Kenji Ozawaさん

コメントありがとうございました。
私も月に1回は上海に出張しています。上海でお会いできるといいですね。
  1. 2006/09/25(月) 16:12:01 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

上海出張

来月上海出張を予定しています。
過去に1年半程上海市内の古北に住んでいたこともありますが、朱家角には行った事がありませんでした。私が上海に住んでいた頃は、まだ古い町並みが残っていましたが、今では高層ビル群が立ち並び、見る影もなく少々寂しくも思うこともありますね。

今回是非、朱家角には行ってみようと思います。
参考になる情報ありがとうございました。
  1. 2006/09/25(月) 15:57:27 |
  2. URL |
  3. Kenji Ozawa #-
  4. [ 編集]

お気をつけて

あおはかさん

コメントありがとうございます。
個人的には、行きそびれている洋館レストランに行ってみたいです。
特に浦東では、北京みたいに赤信号で渡る歩行者はあまりいませんでした。私は北京の癖で歩き出してしまい、恥ずかしい思いをしました。お気を付けください。
ブログへの反映楽しみにしています。
  1. 2006/04/20(木) 11:41:14 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

上海へ

来月上海に行く予定です。上海の良いところが紹介されているので嬉しくなりました。こちらで予め勉強して行ってこようと思います☆
  1. 2006/04/20(木) 01:11:02 |
  2. URL |
  3. おあはか #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/53-338c2715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。