北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

客家の邸宅

龍崗

香港に接していたため中国初の経済特区に指定され驚異的な発展を遂げた深圳。
この深圳、以前は東隣にある恵州市の一部だったことはあまり知られていませんね。

恵州市は中国の有名な家電メーカーTCL社の本社があるところです。
海岸沿いの大亜湾開発区では石油化学コンビナートの建設が進められています。

この恵州市で一般的に話されているのはいわゆる広東語とは違います。
客家語です。
"日本"という字を"ニップン"と発音するなど、日本語に近い発音がたくさんあります。

客家の人が多いため、言葉以外にも客家の文化が随分残っています。
深圳からの高速道路がまもなく大亜湾出口に差し掛かろうとする時、
右側に立派なお城のような建物が見えてきます。
アンテナが立っているところを見ると、現在でも使われているようですね。

有名な円形の土楼とは違いますが、
運転手によるとこれも土楼と似たような、客家の氏族が集まる邸宅なのだそうです。



私は、この高速道路を通って、頻繁に大亜湾の石油化学コンビナートに足を運んでいます。
大規模な建設工事が進むすぐ横に、やはりお城のような建物があります。

全景

以前から行ってみたいと思っていたのですが、最近隣を走る道を通ったので、
運転手に近くまで行ってみるよう頼みました。
舗装されていないデコボコ道を進むと、すぐそばまで近づくことができます。
遠目で見るより随分迫力があります。

南角から

入口は開け放しになっており、人が住んでいる気配はありません。
でも、門に貼られた対聯はまだ新しそうです。
車を下りて、中を探検することにしました。

内壁

牛の糞を踏まないように中に入ると、内壁があり、いくつもの家に分かれているのがわかります。

竃

こんな竃が残っている部屋もあります。

祠

門の正面を進むと、何かを祀ってあるような祭壇らしき物が見えました。

祠アップ

建物は荒れ果てていますが、この祭壇やお供え物、爆竹の跡などは
どう見ても最近のものです。

誰が忍び込んでお参りしているんでしょう?

この大きな正方形の"お城"の横には、小さな家もあります。
こちらはいかにも人が住んでいたような家です。
今ではやはり空っぽでした。

小宅

中にはやはり祠があり、最近誰かがお参りした跡があります。

小宅祠

解像度を低くしたのでちょっと見難いですが、入口右側の壁には
"大海航行・・・"と彫られています。
海に漁に出る時の安全を祈願したのか、
はたまた大海を航海して海外に移り住んだ華僑が故郷に建てた家か、

薄れかけているものの、屋根の庇にはきれいな絵が描かれており、当時の栄華がしのばれます。
きっと金持ちの家だったのでしょう。

屋根

でも、壁にはこんな落書きも。

落書き

この落書きが書かれたときには、既にここは空家になっていたんでしょうか?

空家を出て反対側を見ると、建設されたばかりの化学プラントが聳え立っています。
手前には石油製油所を建設しようとしているようです。

プラント

コンビナートの建設に伴い、周辺の民家は立ち退きを命じられ、ぼろいバラックはどんどん取り壊されました。
そんな中で、これらの客家の邸宅はぽつんと取り残されたように立っていました。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/02(火) 16:25:35|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<四合院の門 | ホーム | 6月はドイツだ!>>

コメント

Dora,
我上午去了,没有鬼,但最近有人举行祭祀活动的样子。
不知何时建的房子。
  1. 2006/05/22(月) 08:32:21 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

有点象拍鬼片的房子

有趣,我也到过那里....很恐怖的说.
  1. 2006/05/21(日) 23:45:45 |
  2. URL |
  3. Dora #-
  4. [ 編集]

住んでた人は?

handicraftsさん

どんな人が、どんな生活をしていたのか、とても気になります。
  1. 2006/05/06(土) 21:36:09 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

お城

映画のワンシーンのようですね。。。
  1. 2006/05/06(土) 19:15:11 |
  2. URL |
  3. handicrafts #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/56-74070a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。