北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上海マーラー邸に泊る

全景

こないだの土曜日の朝、北京は珍しい青空、絶好のお散歩日和です。

しかし、

土曜日と月曜日に上海で用事があったので、
お散歩と、サッカーチームの送別会と、翌日のサッカーを泣く泣くあきらめ、
朝っぱらから空港に向かいました。



この日の飛行機は、7:45発のCA935便、上海・浦東空港行き。
CA(中国国際航空)で便名が数字3桁なのは国際線です。
スチュワーデスさんに聞いてみると、上海経由フランクフルトに飛ぶ便でした。
中国はワールドカップに出ませんが、観戦客はたくさんドイツに行くそうです。
それにしては北京-上海間の機内がガラガラ。
横10人分の席が並んでますが、3列に1人位しか座ってません。

読書灯を点けようと肘掛を見ると、オヤッ。

飛行機制御パネル

悪いのはボーイング社か、中国国際航空か?

今回の出張の宿泊先に選んだのは、
衡山馬勒別墅飯店(Heng Shan Moller Villa)、
日本ではマーラー邸と呼ばれている洋館です。

マーラー邸は、上海が華やかだった戦前の1936年の建設。
持ち主のエリック・マーラーは、ユダヤ系イギリス人で、
上海競馬場の支配人を務め「競馬王」の異名を持っていました。
彼は、末娘が夢に見たというおとぎのお城をイメージして、
この邸宅を7年かけて建築したそうです。

場所は、高架道も通る上海の大動脈、延安路と陝西南路の交差点。
交差点にかかる歩道橋からの写真です。

歩道橋より

庭園から建物を撮ると、後には高層ビル群が。

ビルを背景に

陝西路に面したホテルの正門。
国家級の文物保護建築に指定されているので、記念写真を撮る人もたくさんいました。

門

ホテルは、当時の建物をそのまま使った1号楼と、
最近建設された2号楼に分かれています。
最初の2日は、1号楼にあるSuperior Room(1泊1,070元、約15,000円)
最後の1泊が2号楼のStandard Room(1泊728元、約11,000円)。

上の写真で人が入っていくのが1号楼の入口です。中に入ってみましょう。

階段


廊下

この廊下の突き当たり、左側にまた小さなロビーがあり、
私の泊った1207号室はそこにあります。
Superior Roomの様子をご覧ください。

部屋1

落ち着いたカーテン、出窓の外には緑が見えます。
部屋には洋服ダンスがないので、ハンガー掛けが置いてありました。
PCが設置され、ADSL使い放題です。

部屋2

ステンドグラスがきれいですね。

ベッド

気に入ったのが、明るい浴室。

浴室

明け方までワールドカップの試合を見て疲れ気味の日曜の朝、
一眠りしてからここでバスタブに浸かったら、しゃきっとしました。

これは共用のテラス。
目の前に映っているのが私の部屋で、右側の窓が先程の浴室です。

バルコニー

朝食を食べるカフェの前には芝生の庭園が広がっています。
競馬王だけに、馬の銅像も。

競馬王

日曜日の夜にはここで結婚式が開かれました。

結婚式


朝食時のカフェでは日本人、西洋人の男性が一人で食べている姿が目に付きました。
でも、男一人、仕事の出張で泊るホテルではないですね。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/11(日) 18:00:06|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<HSK(漢語水準試験) | ホーム | 刀削麺に挑戦>>

コメント

洋館ホテル

エイジアンナビゲーターさん

ここはお薦めですよ。
端金賓館には是非泊まってみたいですね。

ワールドカップ旅行前半のサッカーの旅、明日ケルンで見るスイス-ウクライナ戦で生観戦は終了。
それから後半のビールの旅に移行します。

ブログでの紹介は7月3日に帰国するまでお待ちください。
  1. 2006/06/25(日) 19:40:08 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

す・て・き♪なホテルですね。
私もクラッシックホテルは好きなので、上海では端金賓館には泊まったことがあるのですが、ここはまだ未体験です。今度ぜひ・・・。

それと、ワールドカップいかがでしたか?
  1. 2006/06/24(土) 12:33:18 |
  2. URL |
  3. エイジアンナビゲーター #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/65-7f1053b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。