北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

上海名物 小楊生煎包

小楊生煎館

上海で以前から行ってみたい店がありました。

呉江路にある“小楊生煎館”という生煎包の専門店です。

生煎包というのは、小籠包(日本でよく言うショーロンポー)を鉄板で焼いたものです。
専門店といっても道端の小さな店で、いつでも行列ができているそうです。

泊っているマーラー邸に近いので、
日曜日の昼間、B級が大丈夫な知人を誘って、散歩がてら歩いていきました。


ホテルから呉江路へは、陝西路、威海路、茂名路を通って行きます。
呉江路には、ちょっとこじゃれた屋台が並んでいます。
しばらく進み、石門一路を過ぎると突然雰囲気が変わりました。

あまりこじゃれていない屋台が並び、肉を焼く煙がモクモクたっています。

呉江路

見えてきました、小楊生煎館。
情報の通り、2軒が並んでます。

小楊生煎館二軒

近い方の店を選びました。
店頭で食券を買い、入口で焼いているお姉さんに食券を渡します。

小楊生煎館焼き上がり

最初は写真撮影に抵抗してましたが、
いい表情出してくれました。

ホーローのお皿に2人分8つの生煎包。
それを持って回りを見ると1階は満席、2階に登っても満席。
すると服務員が
「隣の店に行きな、あっちは空いてるよ。」
でも、もう買っちゃったんですけど。
「それを持ってってもいいんだよ。」

二つの店があると思ったら、まったく同じ店なんですね。

隣の店では、具を包んでいるところが見えます。

小楊生煎館作成中

2階に空席を見つけました。
他に日本人とおぼしきグループが2組食事をしていました。

やっとありつける生煎包。

カリカリの皮の中には、スープが入っています。
気をつけずにかぶりつくと、スープが飛び散ります。

と、知っていながら知人の腕にスープを飛ばしてしまいました。

生煎包2人分

スープも一緒に注文しています。

スープと生煎包

知人が頼んだのは牛肉スープ、
一方私は、鶏/アヒルの血のスープ。
別に真っ赤なスープというわけではなく、血を固めた物がスープに入ってます。
寒天みたいな触感と味です。

小楊生煎館有名な店で、生煎包もおいしかったですが、
あちこちにある他の店と比べてどうかというと、今後の研究課題です。

ところで、お店に行く途中、威海路に入ったところで出くわしたのが・・・

威海路事故


みなさん、交通事故には気をつけましょう!

スポンサーサイト
  1. 2006/06/20(火) 01:48:51|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<初めてのドイツ | ホーム | HSK(漢語水準試験)>>

コメント

大覚寺の紹興料理

エイジアンナビゲーターさん

先ほど帰ってきました。
楽しかったけど、疲れた。

大覚寺の紹興料理って、なんとか茶寮という、お茶の有名な店ですよね。
気になってましたが、遠いんで行ったことありませんでした。
ブログでの紹介楽しみにしてます。
  1. 2006/07/03(月) 13:51:41 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

北京で美味しい「生煎包」が食べられるところでおススメなのが、大覚寺内にある紹興料理のレストランです。後日ブログのページでも紹介しますので、是非のぞいてみてください。
まだドイツですよね?気をつけてお帰りください。
  1. 2006/07/02(日) 23:23:47 |
  2. URL |
  3. エイジアンナビゲーター #-
  4. [ 編集]

鳥インフルエンザ

handicraftsさん

中国にある”不乾不浄喫了没病(汚い物を食べていれば病気にならない)”という諺を信用しているのですが・・・。

とりあえず今のところ元気にドイツ旅行中です。
  1. 2006/06/25(日) 19:44:10 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

生煎包美味しそうですね!

でも、この時期に「あひるの血のにこごり」は、ちょ~っと怖い気がします。たぶん、火が十分に通っていないはずですし。
  1. 2006/06/23(金) 22:26:01 |
  2. URL |
  3. handicrafts #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/66-f4520f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。