北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HSK(漢語水準試験)

案内紙

中国語の実力を測る試験に、HSK(漢語水平考試)があります。
留学生はほとんどが受験するようで、わがサッカーチームの若手メンバーも、
いろいろなことを言っています:

「明日は試験だから今日は酒は飲めません。」
・・・それで逃れられるほど甘くはない!
「彼女は10級だったけど、私は級無しでした。」
・・・まあ、そうだろうな。

私が留学していた頃はそんな試験はなかったので、
私は受けたことがありません。
でも、若者の会話に加わろうと思って、4月22日に受験してみました。



HSKの等級は初級、初中等、高等に分かれています。
数字で言うと、初中等が3級から8級、高等が9級から11級です。
まったくの初心者でも高等を受けることもできますが、
9級の規定の点数に達しないと、「級無し」と判定されてしまいます。

私は、初めての受験にも拘らず、いきなり高等を受けてみました。
しかも、試験の勉強は一切しないでの受験です。
実力を知るための試験なので、そのために勉強しては意味ないだろう、というのが建前ですが、
本当は、級無しになった場合の言い訳を作るためです。

人から聞いたり、事務局のHPを見たりして、
ヒアリング、読解、総合表現、作文、口述、の5種類があるのは知ってました。
事務局のHPに模擬試験というのがあったので、それだけはやろうと思ってましたが、
結局直前まで出張が続き、それも未体験。
まあ、英語のTOEICと同じようなもんだろう、とをくくり、
北京語言大学で行われた試験に臨みました。

試験会場にはまったく行ったことがなかったのですが、
近くの駅で降りたら、それらしき人が歩いていたので、付いて行きました。
大学に入ると、やはり受験に来ていた知り合いに声を掛けられ、ちょっとホッとしました。

教室

私が受験した24考場は、40人くらいが入る教室でした。
周りを見ると、ほとんど全員が韓国人です。
この部屋だけでなく、この日大学で見たのはアジア人ばかりでした。

これが私が使ったブースです。

ブース

TOEICだと、スピーカーから英語が流れるので、時々聞きにくいことがありますが、
こちらは進んでますね。

さて、最初はヒアリング。
まず例題があります。
普通、例題は誰でも聞いてわかるような問題だと思ってましたが、
この例題、難しい。全然わからん。こりゃちょっとやばいぞ。
そういえば、受験申請を出しに行ってくれた事務所の運転手が、
例題を見たら中国人でも答えに悩むのがあると言ってたっけ。

こんな問題がありました:
「xxさんは何々の仕事をしていました。
これこれこういう事があり、別の仕事に移りました。
・・・
その後内装の仕事をするようになりました。
・・・。」
このような長文が読み上げられた後、質問は、
「xxさんは、何回仕事を替わったたでしょう?」

これって、よく意地悪クイズでありますよね。

でも、仲間の受験生に聞いたら、この種の問題は毎回必ず出題されるので、
準備している人には点数稼ぎの問題なのだそうです。
私:「答えは4回だよね?」
友:「いいえ、3回です。」

中国書店という歴史のある本屋さんが最近大規模な書店ビルを建てた、といった内容の長文が読み上げられました。
そして質問、「中国書店は中国文芸界でどのような役割を担っていたでしょう?」
選択肢1:主要な役割
選択肢2:重要な役割

どう違うんだ!

参ったのは作文です。
30分以内で400字~600字の作文を書きます。
25年前の受験勉強の経験から、題を見た後にまず論旨を考え、
各ポイントに字数を割り当ててから書き出しました。

ところが、周囲の韓国人受験生は、題を見るなりカリカリと書きはじめています。
一方、最初に腕を組んで10分位準備をしていた私は、380文字位しか埋めることができず、
しかも考えていた論旨の最後のまとめの部分が書けませんでした。

私は普段から中国語を使って仕事をしているので、口述は問題なかろうと思ってました。
10行程度の文章の音読、2つの題に関する意見論述とも、まあできたかなと感じたのですが、
話し終わって時計を見ると、まだ半分ぐらいしか時間が経過してません。
慌てて2つ目の題目について、重複するのもかまわず適当に付け加えました。
それでもまだ随分時間が余ってます。
弱ったな、と思ったら、周りの皆さんは既に口述を終えてヘッドホンをはずしてます。
私も、それに習いましたが、大丈夫なのだろうか?

受験前には根拠のない自信がありましたが、
終わってみたら、級無しに終わってしまう自信が出てきました。

そして、約2ヵ月後の先週、結果が出ました。
インターネットで照会できます。

私の結果は?


秘密です。

スポンサーサイト
  1. 2006/06/17(土) 23:56:15|
  2. 北京でお散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上海名物 小楊生煎包 | ホーム | 上海マーラー邸に泊る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/67-6a8a406d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。