北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オレンジ色に染まったフランクフルト

フランクフルト駅前


私は日本で「サロン2002」という団体に加盟しています。

日本と韓国で行われた前回のワールドカップ。
あちこちに「ワールドカップを成功させよう!」と書かれていました。

ではどうなったら成功なのでしょう。
日本が優勝したら?
つつがなく終了したら?
外国のサポーターと日本人が交流できたら?

サロン2002は、サッカー・スポーツを文化として日本に根づかせたいと
考える人たちのゆるやかなネットワークです。
日本で開かれたワールドカップがその実現のきっかけとなったら成功と考えています。
だから、今でもサロン2002という名前です。

学者、指導者、Jリーグやサッカー協会の関係者、メディア、ボランティア、
そして私のようなただのサッカー好きなど、様々な人がメンバーとなり、
月に一度月例会を開いています。
詳しくはこちらのHPを
http://www.salon2002.net/

そして、2006年6月の月例会は、出張サロンとしてここFrankfurtで開かれました。
会議の後は、この日の21時からフランクフルトで行われる1st Stage最高の好カード、
オランダ-アルゼンチン戦を見ようという作戦です。

集合は6月21日13:30、フランクフルト中央駅11番線ホーム入口。
なぜ11番線かって?
サッカーは11人でしょう。


中国留学時代の日本人の友達Tさんが、同じ留学生のドイツ人女性と結婚し、
ドイツに住んでいます。
私のために日本-ブラジル戦のチケットを手に入れてくれました。
彼の職場はフランクフルト空港のすぐ近く。
朝ハイデルベルクを出てまず空港に向かい、ほぼ20年ぶりにTさんと再会しました。

一緒に食事をしようと街に出たところ、発見したのがこちら。

ハイネケン


オランダのビール会社の名前入りズボンをはいた大量のオランダ人が、
どこかの会場で入場を拒否され、ズボンを脱いで入ったと報道されました。
そのビール会社が大会公式スポンサーではないからです。

でも、FIFAコントロール・エリアの外では問題ありませんね。

さて、Tさんとの食事を終え、
中央駅で無事サロン2002のメンバーと合流、
皆でマイン川沿いのパブリックビューイング(PV)会場へ向かいました。

おっ。
右側に見えてきたのは大きなユーロのマーク。

ユーロ本部

欧州中央銀行、EUの日銀にあたる機関ですね。

そこの芝生で昼寝するお兄さん。
金儲けの夢でも見てるのでしょうか。

ユーロ本部昼寝

Tさんが車の中で言っていました。
昼間は学生デモ、夜はサッカーの試合のため、町は大混雑が予想されると、
ラジオで言っているそうです。

しかし、冒頭の駅前通の写真のように、昼間っから混雑の原因はサッカーですね。

あっ。
学生デモ隊発見!

学生デモ

ニコニコしながら行進している女学生に、何を訴えてるのか聞いてみました。
学費値上げ反対だそうです。

あんまり真剣味がないなあ。

まもなくマイン川の北岸に到着。
アルテ橋とオーベルマイン橋の間の川の両岸が無料のPV会場になっており、
川の真中に大画面が設置されています。

フランクフルトPV

いやあ良くこんな物作ったもんだ。
PV会場はとにかくオレンジ色の嵐。
もう、オランダには人が残っていないに違いありません。

相手のアルゼンチンもポツポツ見かけます。
おや、両国のファンがサッカーゲームをしてますね。

川の駅側、椅子席のある北岸は既に入場規制がかかっており入れません。
我々は反対の南岸に周り、
屋台のビールを飲みながら16:00からの試合を立って観戦しました。

言っておきますが、オランダの試合ではありません。
メキシコ-ポルトガルです。

前半にポルトガルが先制点。
第三者のであるオランダ勢の前に影の薄いポルトガル応援団、
ここぞとばかり吼えてました。

ポルトガル


2nd Stage1回戦で、このポルトガルがオランダを破りましたね。
そんな将来のことは露知らず、
前評判の高かったオランダファンはリラックスして観戦してます。

ハンケツ

夏になるとシャツをたくし上げて腹を出してる北京のおじさん達、
上半身裸族は北京に住む日本人女性達の軽蔑の的ですが、
ハンケツのオランダおじさんは如何でしょう?

失礼しました。
ちょっと目の保養をどうぞ。

白鳥


PV会場の脇、マイン川に浮かぶ中州の前で、
鴨や白鳥が気持ちよさそうに泳いでました。

後半になったら座れる場所に移動したサロン2002の面々。
試合観戦よりお話の方に気が行っていました。

試合終了後は近くのザクセン・ハウゼン地区へ。
かって職人達が多く住んでいたこの地区、りんご酒が名物です。

ザクセンハウゼン

ここもオレンジ軍団に占領されていました。

この一角のレストランに陣取り、やっと月例会が始まりました。
といっても、りんご酒を飲みながらの雑談でしたが。

今日集まったメンバーのほとんどはフランクフルトに泊まっています。
一方私は、帰りに1時間以上かかってしまいます。
ドイツ時間に慣れてない私は、23時に試合が終わった後、
遅い電車に乗って座ったら熟睡してハイデルベルクを寝過ごすに違いありません。
オランダ-アルゼンチン戦が始まる頃、皆と別れました。

既に2nd Stage進出を決めている両チームの戦いは0-0の同点。
まあ、見なくてもそれほど悔いはなかったですね。

スポンサーサイト
  1. 2006/07/15(土) 00:15:14|
  2. ドイツ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<九門小吃 | ホーム | 大学と古城の街 ハイデルベルク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/72-ce5b03d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。