北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビアライゼ序章-私のビール遍歴

モルトとホップ
(壷にいけてあるのは大麦/小麦、下はホップ(左)とモルト(右))

ドイツでは、おいしい地ビールを求めてあちこち旅することを

Bierreise(ビアライゼ)

と呼ぶそうです。

7年前スコットランドに行った時には、
ウィスキー蒸留所巡りをしましたが、
今回のドイツでは、ビアライゼが旅の目的の一つでした。

ドイツというのは16世紀に制定された"ビール純粋令"を頑なに守る国です。
「ビール醸造には麦、ホップ、水、酵母以外を使ってはならない」この国で、
日本みたいに米やコーンスターチを使わないビールを、出来立てで飲めば、
さぞおいしいことでしょう。


と言っても、私のビール歴はそんなに古くありません。

高校を卒業して大学入学前、生まれて初めて本格的な飲み会に出ました。
サッカー部のOB会です。
新人OBだった私はビールを飲みすぎて無茶苦茶気持ち悪くなり、
生まれて初めてゲロ吐きまくりとなりました。

それ以来、ビールが全然飲めなくなりました。
大学に入ると、当然新入生は飲まされます。

上級生「おい、新入生。一杯飲め。」
わたし「スイマセン、僕ビール飲めないんです。」
上級生「何っ!俺の酒が飲めないのか?」
わたし「あっ日本酒なら。(グビグビグビ)」
上級生「・・・」

というわけで、大学にいた8年間、通算でコップ1杯分もビールを飲んでません。

会社に入ってからは、「こんなことでは正しい営業マンになれない!」と訓練しましたが、
どうしても、自分から飲む気にはなれませんでした。

そして、ある暑い夏の日、
中国のお客さんを京都は加茂川沿いの中華料理店にお連れしました。
川に張り出したベランダでみんなが注文したのは生ビール。
夏の日差しが燦燦と降り注ぐ中、私が注文したのは、お燗した紹興酒。
ウェートレスがお客さん方の生ビールのジョッキを抱えてきた時、
生まれて初めて、ビール飲みたい!って思いました。

酒に対する唯一の節操が外れた瞬間でした。

ビア樽
(バンベルクのビアハウス、このビア樽から直接グラスに注ぎます)

香港駐在中、サッカーの試合の後によく行ったのが、イギリス系のパブ。
そこで"エール"というビールにはまりました。

出張でオランダにちょくちょく行っていた時期があります。
何気なくスーパーで買ったベルギービールを飲んで、これがビールかと驚き、
たまたま成田空港で見つけた『ビール大全』という本でちょっと勉強しました。

北京では近所のデパートでドイツビールを何種類か売っているので、
ヴァイスビール(白ビール)をよく買って飲んでます。

今回も色々な本やインターネットで知識を仕入れてからドイツ入りしました。

そして6月20日、記念すべきドイツで飲んだビール第1号

機内ビール

ルフトハンザ航空の機内で飲んだWalsteinerでした。
北京でも売ってますが買ったことはありません。
苦味の際立つピルスナータイプです。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/06(日) 10:12:00|
  2. ドイツ旅行記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<ギネスに載った33°のビール | ホーム | 鬼門カイザースラウテルンで観戦>>

コメント

フルーティーなビール

handicraftsさん

私は、横浜の野毛にあるベルギービール屋によく行ってました。
湯布院の地ビール館は私も行きました。地ビールはおいしいところが多いですが、値段が高くてあまり売れないためか、置いてある店が少ないですね。

フルーティーなビールも随分飲んだので、おいおいご紹介いたします。
  1. 2006/08/11(金) 00:59:25 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

ベルギー・ビールにはファンが多いようですね。
確か、渋谷でこのビールが飲めるお店があったような。。。

私はビールは苦いので好きではありませんが、湯布院に行ったときに出た「湯布院の森」とかいう地ビールは「美味しい~!」って思いました。ダンナのビールを珍しく二口も三口も飲んだので、ダンナが「あっ~!」という顔をしました。

奥さんだって、美味しいビールは飲めるのです。
  1. 2006/08/09(水) 21:41:57 |
  2. URL |
  3. handicrafts #8kbwBNjA
  4. [ 編集]

ビアガーデン

エイジアンナビゲーターさん

また、ロマンチックな(?)お話ですね。
恐怖症克服のきっかけも、別の憧れの人かな?

  1. 2006/08/07(月) 22:10:26 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

読んでいて共感しました。実は私もビールを飲みすぎて、5年間まったくビールが飲めなかったんです。憧れの人と一緒にビアガーデンに行ったのが、そもそもの間違いでした・・・(汗)

93年に演奏旅行でドイツ→チェコ(プルゼニ)と旅したときはビール恐怖症の真っ只中(やや回復期)。今思えば、非常に惜しいことをしました。いつかリベンジ旅行ができたらいいなぁ~と思ってます。
  1. 2006/08/07(月) 13:19:14 |
  2. URL |
  3. エイジアンナビゲーター #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/75-f6d55b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中国をあげる

商品説明文 食物繊維8.5g、β-カロチン2500μgが入ったゼリー飲料です。オレンジ果汁20%入りです。 原材料 オレンジ、ぶどう糖果糖液糖、水溶性食物繊維、ゲル化剤(増粘多糖類)、酸味料、香料、乳酸カルシウム、カロチン色素、ビタミンC 内容量(180gあたり) エネルギー
  1. 2007/08/07(火) 00:25:51 |
  2. 地ビールの厳選紹介

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。