北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洋館ホテル瑞金賓館

一号館斜め

8月最初の週末は、上海で会社のイベントの予定でした。
ところが金曜日に上海に着いてみると、ちょっとしたトラブルがあり、イベント延期。
土日が丸々空いてしまいました。

折角なのでゆっくり上海の散策と行きましょう。

今回の宿泊先は瑞金賓館。
フランス租界の真ん中にある、洋館を利用したホテルです。
1泊1,088元(約16,000円)だったので、まあ出張でも使える値段でした。

約5万m2の広大な敷地に庭園と建物が点在しています。

一号楼、二号楼、三号楼は1920年代、30年代にイギリスの富商モーリスが建てた物、
四号楼は日本の三井洋行が所有していた三井花園にあり、
アヘン商売が盛んに行われていたそうです。



瑞金賓館は、上海浦西、旧フランス租界の真ん中にあります。
ホテルオークラの花園飯店や錦江飯店の少し南東、瑞金二路と茂名路にはさまれたところです。

門を入ると、向こうに洋館がいくつか見えてきます。

門から

受付は右側の黄色い建物、二号楼にあります。

二号館

チェックインを済ませると、ゴルフ場にあるようなカートに乗って部屋に連れていかれました。

この日の宿泊は三号楼。
見えてきました。

三号館

残念ながら、1920年代の建物ではなく、新たに建てられたビルのようです。
私の部屋は、二階の向かって一番左の部屋です。

部屋のカードキーを入口の機械に通さないと、入口のドアが開かない仕組み。
銀行のATMコーナーのような仕組みのドアを、ホテルでは初めて見ました。

三号館ロビー

明るくて清潔なロビーです。

部屋はいたって普通のシングルルーム、

かと思って浴室のドアを開けて驚きました。
なんとジャグジー付。
別のホテルのスイートルームに会社のえらい人を泊めた時、
ジャグジーがあるのはいいけど動かなかった、と言われました。
この部屋のジャグジーは、ちゃんとジェット水流が出てきます。

早速お湯を溜め、バスフォームを入れてスイッチオン。

浴室

みるみる泡が立ちました。
ほっぽって置いたら、水面から50cm位の泡が立ち上がってました。

お風呂に入ってくつろいでから、敷地の中を散策しました。

Face窓から九号館

ヴィラ中庭池

こんな風に、庭園やヴィラが点在しています。
地元で人気のある上海料理レストランチェーン"小南国"もありました。

二号館遠景

正門前に戻り、受付のある二号楼の正面にあるのが一号楼。
その昔、持ち主のモーリス氏が住んでいた建物です。

裏には広々とした庭園があります。
こちらは庭園からの全景。

一号館

庭の雰囲気は以前紹介したマーラー別邸と似てますね。
借景が高層ビルなのはちょっと残念。

正面から建物に入ると、ロビーはこんな感じです。

一号館ロビー

二階に上がる、優雅な階段。
二階には客室もあるそうですが、どれだけ高いのでしょう。

一号館階段


こちらは、正門から入って右に進んだ方にある四号館。

四号館

三井洋行所有の建物で、今は1階がバー、二階がタイレストランになってます。

タイレストラン"Face"の内部です。

Face室内

落ち着いた装飾で、工芸品などが並んでおり、雰囲気は最高。
窓からは、"三井花園"と呼ばれた綺麗な庭園が見えます。

一人で注文したのは、チキンサラダ、クウェティアウとベルギービール。

Face料理

味も上々。

でも、値段はとんでもなく高いので(242元、約3,600円)、会社に昼食代として請求するのは断念しました。


スポンサーサイト
  1. 2006/08/19(土) 11:30:00|
  2. 旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ミニ水郷 七宝老街 | ホーム | ギネスに載った33°のビール>>

コメント

ガア子さん
はじめまして。
どうぞどうぞ、お気軽にリンクしてください。
ガア子さんのブログも拝見させていただきます。
  1. 2008/09/23(火) 08:26:35 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

はじめまして。端金賓館を検索したらたどりつきました。同じく北京在住のものです。
先週末端金賓館に泊まったので、ブログに書こうかと思っていたのですが、山大22号さんの記事をリンクさせていただいてよろしいでしょうか?山大22号さん詳細な記事に感動しました。
ちなみに私は同じ3号館の4階の左端の部屋でした。景色も良く、気持ちよく滞在できました。
  1. 2008/09/22(月) 22:44:50 |
  2. URL |
  3. ガア子 #51kne3kQ
  4. [ 編集]

エイジアンナビゲーターさん

私は、朝食は3号楼の近く、日本風庭園の池を眺められるレストランでした。
1号楼の奥の食堂、というか小さなカフェでは、帰り際に『東京裁判』の本を読みながらお茶を飲みましたよ。
  1. 2006/08/21(月) 13:00:15 |
  2. URL |
  3. 山大22号 #-
  4. [ 編集]

おお~ 懐かしい・・・私も泊まりました。しかも同じ3号館(笑)ネットで予約した部屋が旧館指定ではなかったので古い洋館に泊まる計画は断念。でも、キレイで広々とした3号館もよかったです。朝食付だったのですが、ちょうど正面から入って左側にある建物(やはり旧館)の1階奥にあるテラス付の食堂で食べられ、大満足でした♪夜はFaceで、ライトアップされた端金賓館を見ながら飲むお酒もなかなかでした。
  1. 2006/08/21(月) 12:40:40 |
  2. URL |
  3. エイジアンナビゲーター #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/82-a2abe28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。