北京ひまつぶし

北京駐在中のおもしろい出来事を、皆様にお伝えします。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒルシュホルンの古城ホテル

古城ホテル遠景

ドイツ旅行はこの日から後半戦。
サッカーよりビールに重点を置いた旅行です。(でもテレビは見逃しませんよ)

後半戦の初日は、ロマンチックに古城ホテルでの滞在を予定してます。
場所は、ハイデルベルクからニュルンベルクを経てチェコに向かう古城街道の途中駅、
ヒルシュホルンです。

(2006年6月27日)
大聖堂の観光を終え、ケルンからICEに乗りマンハイムに向かいます。
自動券売機でルートを調べると、予約を薦めるとの注意書きがありました。
桂子さんに教わった自動販売機による予約を、初めて試してみました。費用は2ユーロ。
乗ってみるとかなり混んでおり、となりのビジネスマンが荷物を私の席に置いています。
黄門様の印籠のように予約券を見せ、大威張りで荷物をどけさせました。

マンハイムからローカル線S Bahnに乗り換え、ヒルシュホルンへ。
地元の高校生が通学に使うような、鈍行のローカル線でした。
駅前に待っていたタクシーに乗りちょっと走ると、山の上にこれから泊るホテルが見えてきました。
うーんなかなか良い。

古城ホテルへの坂道

坂道を登り、

古城ホテル城壁

城壁を眺めながら城門をいくつかくぐり、

古城ホテル内門

10分ほどでホテル到着です。
メーターは6.8なのに9ユーロを請求されましたが、気分がいいので言い値を払って差し上げました。。

古城ホテル本館

部屋は本館の3号室、
窓からはネッカー川とその対岸の緑が見え、最高の位置です。

古城ホテル窓から

部屋の装飾や調度が実に落ち着いています。

古城ホテル客室窓

ワールドカップの試合会場のないヒルシュホルンでは、
こんな素敵なホテルでも80ユーロ(約12,000円)でした。

古城ホテルベッド

テラスに出て遅めの昼食をとりました。
ここもネッカー川の眺めがすばらしい。

古城ホテルテラス

ロマンチックなことに、結婚式の食事会が始まりました。
店の人が、花嫁のお腹には子供がいると教えてくれました。
幸せのおすそ分けで、他の客にもシャンパンをふるまって

くれませんでした。

食後、街に散歩に出ました。
城の山の下にもこじんまりとした街が広がっています。

ヒルシュホルン街並

湧き水が流れている井戸、昔の城門などが残っていていい雰囲気です。

ヒルシュホルン湧き水

気持ちいい街を散策してるうちに、17:00開始のブラジル-ガーナ戦に遅れてしまいました。
テレビを見初めてちょっとうとうとしているうちに試合は終わって、ロナウドのインタビューが映ってました。
そういえば、この日ゴールを決めれば、ゲルト・ミュラーのW杯個人通産得点記録を更新するんだったかな?

試合が終わるとすぐ夕食の時間。
また先ほどのテラスに出て、ウェートレスお薦めの鹿肉のローストを注文しました。
その時、独英併記のメニューを見ていて気付きました。
鹿は"Hirsch"、ということはHirschhornは鹿の角か!
それであちこちにかかっているこの街の紋章が鹿なんだ。
このホテルにも、鹿の角の紋章がかかってます。

ヒルシュホルン紋章

部屋に戻ってフランス-スペイン戦を観戦。
今までの戦い方からスペイン優位かと思っていましたが、フランス3-1の勝利。
これは見ていて面白い試合でした。しかも、私の応援するフランスが勝ったし。
これはG組2位-H組1位、私が見た凡戦はG組1位-H組2位。
逆ならよかったのに。
スポンサーサイト
  1. 2006/10/27(金) 23:51:22|
  2. ドイツ旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぶらりと立ち寄ったヴュルツブルク | ホーム | ロンボクでグルメ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bjhimatsubushi.blog29.fc2.com/tb.php/92-83ba183e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山大22号

Author:山大22号
横浜の会社から派遣されて
北京駐在中。
サッカーと食べ歩き(飲み歩き?)は
生涯現役が目標です。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。